株式投資錬金術の応用編ってどうなの?

株式投資錬金術の応用編ってどうなの?

株式投資錬金術の応用編ってどうなの?

 

 

株式投資錬金術応用編ってどうなのでしょうか?

 

 

ここでは、この疑問に答えていきたいと思います。

 

 

株式投資の初心者に好評となっているのは、「株式投資錬金術」です。

 

 

たとえ株の経験者だったとしても、口座開設から始まって、銘柄選定、仕掛け、手仕舞いなどは大変なことです。

 

 

それらが、初心者でも数か月でマスターすることが出来るという、分かりやすくてしっかりした内容の教材になっています。

 

 

仕掛けるための銘柄選定のノウハウが非常に理論的なので、誰がやっても同じ結果になる、確実なマニュアルなのです。

 

 

さらにあなたが経験を積むことで、応用編として銘柄選定のノウハウを元にして、あなたのオリジナルの銘柄選定ルールを作ることも出来ます。

 

 

「しかし最初は無理せず慣れていって欲しいので、株を実際に買わなくても、株式投資錬金術の3つの条件を見ているだけでも構いません。

 

 

そうすれば、その株があがりはじめて驚くことでしょう」と杉山さんは言います。

 

 

あなたの目でしっかりとこのノウハウのスゴさを実感すること、練習しチャートを読むスキルをしっかりと身につけることから始めて行けばいいのです。

 

 

株式投資錬金術にある6つの項目を理解したあとは、やることは、ルールに従って売買するだけです。

 

 

そこでチャートを見ただけで、買うべきか売るべきか、一瞬で判断できるようにしておく練習がとっても大切になってきます。

 

 

さてここで書くのは、さらに慣れてきて出来るようになった人のための応用編についてです。

 

 

この教材には応用編として、ライントレード(トレンドラインの引き方)、ボリンジャーバンドを使ったトレードなども解説されています。

 

 

ライントレードとはどんな事でしょうか?

 

 

基本から始まったら、締めくくりはライントレードですね。

 

 

ライントレードとは、ライン(線)を使ったトレードで、一番有名なものは「トレンドライン」です。

 

 

トレンドラインとは、トレンドが継続するラインのことです。

 

 

トレンドとは、株式相場の方向性や傾向を指し示すものですね。

 

 

上昇時なら、安値と安値を結んで線を引くだけです。

 

 

下落時は、高値と高値を結んで線を引くだけです。

 

 

とは言っても、単純といえば単純ですが、問題はラインを「どこに引くか」です。

 

 

どこからどう引くか、それを見抜けるかが重要で、それが株式投資錬金術の応用編の中では解説してあります。

 

 

大まかに分けて「上昇トレンド」「下降トレンド」「横ばい」があり、そのトレンドを見極めながら投資しなければ、利益を上げる事は難しいのですね。

 

 

応用編のもう一つの、ボリンジャーバンドを使ったトレード、これはどういうことなのでしょうか?

 

 

株価が上昇の流れへと入るはじめの一歩や、株価の急激な下げの終わりを測定するための分析ツール、それがボリンジャーバンドです。

 

 

ずっと横ばいだった株価が上がり始める、上がりきった株価が下げ始める、その最初のタイミングがある程度予測できると、デイトレードをする場合とても有利に立てますね。

 

このように株式投資錬金術マニュアルには応用編もありますが、マニュアル通りにやっていけば利益が出るようになっていますので、応用編はあくまで補助的なこととして考えたほうがいいかもしれません。

 

 

株は奥が深いので、自己流でちょっと勉強したぐらいでは勝てませんね。

 

 

プロの投資家のカモにされるのがオチですから、株式投資錬金術にある通りにやった方がずっと楽ですし、儲けも出ます。

 

 

これから株を始めてみようと思っている人、始めてはいるけれど利益が出なくて悩んでいる人は、この教材はきっと役に立ちますよ。

 

 

成功者の声なども載っていますので、下記のサイトから見て下さいね。

 

 

 

株式投資錬金術公式サイト