徹底調査!株式投資錬金術の実践者の感想を調べてみました

徹底調査!株式投資錬金術の実践者の感想を調べてみました

株式投資錬金術の実践者の感想を調べてみました

 

 

株式投資錬金術の実践者の感想って気になりますよね。

 

 

私が詳しく調べてきたので、ここではそれについてお話していきたいと思います。

 

 

杉山てつやさん監修の株式投資錬金術は、テクニカル分析と呼ばれる方法で、各銘柄の図表にテクニカル指標を表示させ、仕掛けのポイントを見極めます。

 

 

テクニカル分析とは、売買するのに最適なタイミングを探す分析のことですね。

 

 

株価は長期的に見れば業績に一致してきますが、短期的に見れば、業績と全く関係なく動きます。

 

 

そこで業績と全く関係なく、安く動いた時に買うためにする分析なのです。

 

 

それにチャート分析を合わせて投資を行います。

 

 

チャート分析とは、過去の値動きのパターンから今後の動きを予想する、チャートの動きから需給の強さなどを予想する、買われ過ぎや売られ過ぎなど相場の過熱感などを予想すること。

 

 

これらの判断に基づいて行うのが、チャート分析投資ですね。

 

 

それに、投資する銘柄を絞り込むために企業の成長や安全性、財務状況などをベースにしたファンダメンタルズ分析を、銘柄を選択するときに使用します。

 

 

またまた専門用語が出てきましたが、ファンダメンタルズ分析とは、その会社の業績はいいのか?または、お金はたくさん持っているのか?を見極める分析のことですね。

 

 

それに会社四季報の情報を分析し、銘柄を絞り込みます。

 

 

会社四季報とは、各企業に関する新しい情報・資料などを掲載して、1年に4回(季節ごとに)刊行される出版物のことですね。

 

 

それには上場企業に関する情報はもちろん、REIT、ETFなど上場している投資信託等に関する情報も掲載されています。

 

 

分かりやすくまとめると、テクニカル分析で仕掛けのポイントを見極め、それにチャート分析を合わせ、ファンダメンタルズ分析で銘柄を選択、会社四季報で絞り込むということです。

 

 

また損切りも大切なことなので、それについてのやり方なども教えてくれます。

 

 

それでは、株式投資錬金術の実践者の感想を見てみましょう。

 

 

・これまで10年ほどの投資経験があるのですが、いかにいい加減なトレードをしていたかがよくわかりました。

 

 

今まで負けてしまった原因、塩漬けになってしまった理由がはっきりとわかるようになりました。

 

 

今まで読んだ株式投資に関する書籍の中で、一番役に立ちました。

 

 

・インターネット広告からの情報だったので、最初は半信半疑というのが正直な気持ちでした。

 

 

でも今ではそう思った事に、申し訳なく思っているくらいです。

 

 

このマニュアルを読んでみると、その内容の確かさに非常に勉強になりました。

 

 

基礎的なところからしっかりと勉強できるテキストになっていて、ロスカットの重要性についても繰り返し書かれていて、私がいかにあいまいな投資だったか反省させられました。

 

 

・全くの初心者でしたが、基礎から徹底的に教えてもらえるので、トレードへの不安が無くなりました。

 

 

ロスカットの大切さと、75日移動平均線の重要性が良く理解できました。

 

 

これらの他にも下記のサイトには実践者の声がたくさん載っていますので、きっとあなたの参考になると思います。

 

 

気になる人は、こちらから見て下さいね。

 

 

 

株式投資錬金術公式サイト